メニュー

アトピー性皮膚炎の治療

アトピーの治療かゆみの激しい湿疹が慢性的に続く皮膚炎です。年齢によって皮膚が乾燥したり、赤くなるなど症状が変化することもあります。

乳幼児に多い疾患ですが、近年では成人になっても症状が現れる方もいます。

アトピーになりやすい体質の人が、アレルギー物質に触れたり、乾燥や汗により皮膚に刺激を受けることでアトピー性皮膚炎を発症するといわれています。アレルギー物質は、卵や牛乳などの食物、ハウスダストやダニ、カビ、動物の毛など人によって様々です。

治療では、ステロイドや免疫抑制剤(プロトピック)などの塗り薬を使用します。症状に合わせて保湿薬などの複数の塗り薬を使用したり、飲み薬を併用し、悪化しないように予防的治療(プロアクティブ療法)を勧めています。

また、アレルギーの原因となるアレルゲンを特定するため、血液検査を行いTARC測定し、アトピー性皮膚炎の症状を把握していき、良いコントロールを目指します。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME