メニュー

帯状疱疹・帯状疱疹後神経痛の治療

帯状疱疹(ヘルペス)帯状疱疹とは、ウイルス性の皮膚炎で、赤い発疹と水ぶくれができ、痛みをともなうのが特徴です。
発疹より先に痛みが神経にそって片側にだけ出てきます。

ウイルス性ですので、皮膚と皮膚の接触感染に注意が必要です。

水痘と同じウイルスで、水痘にかかったことのある人、水痘ワクチンを受けた人でも起こります。
加齢や疲労、ストレスなどにより、抵抗力が低下した時に起こります。

治療

抗ウイルス薬による治療を出来るだけ早朝におこないます。ウイルスの増殖を抑制するものであり、症状を緩和するために鎮痛剤も投薬します。早ければ1週間~3週間ほどで治癒しますが、安静にし体力を回復することが重要です。

50歳以上の方は、水痘・帯状疱疹ワクチンで帯状疱疹を予防することが出来ます。(自費扱い)
高齢になる程、神経痛が長引くことがある為、予防ワクチンを受けることを、ぜひお勧めします。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME